両手の使い方が原因で腰痛になることがあるってホント?

デスクワークをしています。パソコンをよく使うからか、どうしても肩や腰の痛みが出て、良くなりません。気が付いたら姿勢を正すようにもしているのですが、一度痛み出すとなかなか痛みが消えず、仕事に集中できません。どうしたらいいのでしょうか?


そんなお悩みにお答えします。

両手の使い方が原因?腰痛になる理由と改善策

腰痛の原因と言えば姿勢の悪さを思い浮かべますよね。

例えば、椅子の座り方が悪かったり、中腰の状態を続けたりと言った感じです。


それも確かにあるのですが、その姿勢の悪さと腰痛を生み出す原因が意外なところにあるのをご存知ですか?


それはずばり手の使い方です。


「そんなことホントにあるの?」と思うかもしれませんが、手や指、腕の使い方ひとつで、体に歪みやねじれを引き起こしてしまうのです。


一体なぜそうなるのでしょうか?今回はその原因と、対処法を書いていきます。

手の使い方が原因で腰痛を引き起こす理由

例えば、パソコンを使ったデスクワークをする際、両手の重心や力の入れ具合はこうなっていませんか?

左手は親指側に、右手は小指側に重心が寄っている

上のイラストは、体の右側に重心が寄っている状態です。自分では無意識かもしれませんが、このとき体の状態はほんのわずか(わからないくらい)に右側に体重を預けています。

また上のイラストの場合、左クリックをする時に、指の当たっている箇所は下のようになっているはずです。

指の腹の真ん中ではなく、どちらかというと側面に近い部分で押している

「こんなことで腰痛になるの?」と思うかもしれませんね。


しかし、たったこれだけのことでも、長期間続けていれば確実に体の歪みを引き起こします。


もちろん、それ以外にも日常の動作において、同様に左右差が出来てしまっているかもしれませんね。


そういうと「人間利き手があるんだから当たり前じゃないか」と感じると思います。

全くその通りですし、こればかりは左右多少の差がでても仕方ありません。


しかし問題なのは、『体の使っている部分が左右で全く違う状態になること』です。


例えば、試しに腕立て伏せの体勢を取ってみてください。

右腕は腕内側の筋肉、左腕は腕外側の筋肉を使っている

無意識のうちに、このように左右で違う部分の筋肉を使っていたりしないでしょうか?

もし該当する人は、その体勢のまま体の重心をチェックしてみてください。上のイラストの場合だと、おそらく重心は体の中心より若干左側に傾いているはずです。

※自分では「そんなことはない」と思っても、良く調べてみてください。確実にずれているはずです。この体の使い方で、体の重心を真ん中でキープできていたら、それはそれで体の使い方が不自然という事になります。

このように、体の左右で違う筋肉を使っていると、体が左右どちらかに歪んだり捻じれていくことになります。それは体の末端部分にある手も例外ではありません。結果、腰痛だったり首や肩の凝りを引き起こすわけですね。

両手の力を入れる場所をなるべく意識して修正しよう

手の使い方で左右差があるのがわかったら矯正していきましょう。

体の使い方が悪いのが原因で腰痛などが出ている場合、気づいたその場で矯正するだけでスッと痛みや違和感が引くことが多いです。

常に意識するのは難しいかもしれませんが、継続は力なりです。少しずつ習慣化していきましょう。

今回紹介した例を矯正するならこんな感じです。

パソコン作業時、両手の内側を使うように意識する。左クリックの際、指の腹の真ん中を使えるようになるはず。
腕立て伏せは鍛えたい部分をしっかりを意識する。両手両腕共に同じ筋肉を使えていることを確認して行おう。

もし心当たりがある人は、ぜひ今日から意識してみてください。最初は違和感があるかもしれませんが、徐々に体になじんできますよ。

あとがき

体の使い方の左右差が大きいと、腰痛をはじめ肩や首の凝りなど、様々な体の不調を引き起こします。


それは体の末端部分にある手も同様です。


長年のクセから無意識でやってしまっていることが多いために気づきにくいですが、ぜひ一度自分の両手の使い方を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。

それでは。

体のメンテ
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました