塗り薬や保湿剤などを肌に塗るときの事について全力で考えてみた

こんにちは、セイです!

さて早速ですが、皆さんは普段肌に何か塗ったりしますか?

その時に気をつけていることって何かありますか?


自分自身は、あまり肌に何か塗ったりする事はないんですけど、

まぁ塗り薬ぐらいならたまにはあります。

先日も肌荒れがあったので、医者からもらった何薬を塗って肌荒れを治療しました。

その時にたまたま、インターネットで同じような症状の人の記事を

いくつか見る機会があったんですけど、とても気になったことがあります。

薬でも保湿剤でも化粧品でも、みんなちゃんと肌の下地を整えているのかな?と。

肌の下地なんて言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、

単純に言えばきれいで清潔な状態に戻すと言う事です。

1番気になった話ですが、例えば朝に薬を患部に塗ったとします。

その後昼にまた痒くなってきたのでそのまま同じ場所に薬を塗りました。

「あれ、その部分ちゃんと洗ってなくないですか?」

って思うケースがあるんですよね。

まぁそれでも、そのまま治ったというケースもあります。

一方で、なかなか治らない。逆に悪化してしまった。

なんていうケースも見かけます。

個人的に、治らないもしくは悪化した場合において、

「ヤブ医者だ!」

「薬が合わない」

と結論づけるのは、少し早いんじゃないかなと思うんです。

患部を毎回キレイに洗ってないのであれば、ですが。

肌荒れでも何でも、まずトラブルを改善しようと思ったら清潔が1番だと思うんです。

皮膚を清潔な状態に保ち、その上からしかるべきものを寝ることによって

初めて肌に効果を与えることができるんじゃないかと思うんですね。

そういう意味では、洗わずにそのまま何かを皮膚になったりする事は、

汚れやばい菌を閉じ込めるだけじゃないのかなと思います。

そうなってしまったら、下手に何も塗らず、

洗うだけにしておいた方がマシなんじゃないかとさえ思えてきます。

だから、下地すなわち肌の状態を清潔にまずは保つ

と言うところに気を付けたいところですね。

まぁ下準備と言う点においては、

すべてにの作業においては共通している事ですよね。

例えば、車の塗装だったり、車やいろいろなコーティング系に関しても、

下地って重要と言われています。

もしも下地が濡れている状態で塗ったって、きれいに仕上がりませんよね。

キレイに拭き取ってから作業を始めるはずです。

なので同様に、肌の下地すなわち下準備には

気を使ったほうがいいのかなと思います。

まぁ、結論としては

何をするにも下準備は大事と言うことで…

あれ、最後にいいことを言ったかもしれない(笑)

何はともあれ、思ったこと綴ってみました。

肌トラブルの対応だけでなく日常生活においても、

何か参考になれば幸いです。

それでは!

体のメンテ
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました