ロシアW杯 日本惜敗で8強ならず…

●日本 2 – 3 ベルギー〇

 

時間が時間なので起きれないかもなと思っていましたが、見てしまいましたw…前半の終盤からですが…

その時点で両チームとも得点が0。

 

とはいえ、今大会の全チームうちでも屈指の攻撃力を持つと言われるベルギー相手にすごいな!と思いながら前半が終わり、後半がスタート。

 

開始早々、ナイス連携で原口選手が先制のゴール!!個人的に超理想的な決め方だったので、ガッツポーズ!

と、思ったら数分後に乾選手の向かい点シュートが相手ゴールに突き刺さる!

 

こっ、これはもしかするかもしれない!!

 

そう思ったのもつかの間、ベルギーが2人を選手交代してから試合の流れが変わりだします。

色々細かいミスもあったとはいえ、やや不運ともいえるヴェルトンゲン選手のヘディングで1点返され、その直後にも高さを生かしたフェライニ選手のヘディングシュートで一気に同点!

 

まずい…ベルギーはやはり強い…!

 

しかし、その後は2-2が続きます。81分には日本は本田選手と山口選手を投入。

そして、突然の決着はアディショナルタイムで迎えることとなりました。

 

終盤、本田選手が強烈なFKをゴール左に打つも、相手GKのセーブに阻まれCK。

延長戦があるとはいえ、残った時間を考えればラストチャンス。

本田選手がCKを蹴ります。

 

ここからが本当に驚いたシーンでした。

 

本田選手が蹴ったCKをキーパーが直接キャッチ。

流れるようにそのままキーパーが前にボールを投げる。

一気にボールが前に運ばれる。

あまりのスピードのあるカウンターに後ろはがら空きの状態。

 

 

ボールがゴール前にパスされる…

 

 

まずい…!でもギリギリ1人ついて行っている、頼む!!

と思ったら相手FWがボールをスルー。

 

な…なニィ!!?この場面でそんなスルーができるのか!!

 

そのボールにシャドリ選手が一気に追いつきそのまま強烈なシュート!

日本ゴールに突き刺さる…。直後、試合終了のホイッスルが鳴ります。

日本、ベルギーに敗戦で8強ならず…。

 

決勝点は、キーパーからボールがスタートしてから約9秒の出来事。

延長に入ると思っていた矢先の突然の決着に唖然とするしかありませんでしたね…。

 

しかし、あそこまで鮮やかに決められるとグウの音も出ないです…。

ベルギーやはり強かったですね…。

さらに途中から投入された2選手が共に得点を挙げるとは、選手層の厚さまである強力なちーむでした。

 

それでも…日本は組織のディフェンス力で粘り、一時は2-0とリードし、勝利の可能性を感じさせてくれましたね!試合後の選手のコメントを見ていると、やはり世界との壁はまだまだあることを改めて感じましたが、本当に強かったと思います!

 

歴代初となる8強入りを目前で逃してしまったとはいえ、見てよかったと思える試合だったと思いました。

 

日本を代表して戦ってくれた選手のみなさんにとっては、4年に一度の大舞台。突然の決着で色々思うところがあったかと思いましたが、強い姿を見せてくれて感謝です。

 

次の4年後の前に、2年後には東京オリンピックがありますが、応援しています!本当にお疲れ様でした!

時事
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました