ダイエットで訪れる停滞期がつらい!どう過ごすべき?【1か月以上の停滞期を経験した僕が解説】

ダイエットで順調に体重が落ちてきていると思ったら、最近急に落ちなくなった。頑張ってきたけど心が折れそうです。


というお悩みにお答えします。

避けられないツラい停滞期。どう過ごしたらいい?

停滞期はダイエットをしていると多くの人がぶつかる壁です。

どんなに頑張っても、結果が目に見えにくい時期なので、どうしてもモチベーションの維持が難しくなってしまいますよね。

僕自身、1か月以上の停滞期を経験して、つらかった記憶があります。

ではこの停滞期、一体どのように過ごしたらいいのでしょうか?

この時期は必ず訪れるものだと思っておく

停滞期の原因の多くは、人間の持つ『ホメオスタシス機能』という防衛反応です。

体を飢餓から守るため体重減少を抑える働きをしています。

人間の防衛反応の1つなので、順調に体重が減少し、
正常に体の機能も働いているとも言えるでしょう。

そういう意味では喜んでもいいかもしれませんね。


一方で、頑張っても結果がなかなか出ず、心が折れそうになってしまいますよね。

しかし、ダイエットの際には必ず通る道だと思って、悩みすぎないことが大切です。

現状維持&マイペースを貫く。体重は増えなければOKくらいのつもりで!

体重の減少が停滞すると、どうしても『今のままではダメではないか?』と思いがち。

さらに負荷のかかる運動をやったり、無理な食事制限をしてしまう人もいます。


場合によってはこれらも手段の1つなのですが
僕の経験上、この時期は何をやっても体重が落ちません。

しかし、停滞期はいつか終わります。
やり方の問題ではありません。そういう時期なのです。
ダイエット内容も現状維持で十分です。


むしろ停滞期にたどり着けたということは、
そのダイエット方法で順調に減量が出来ているとも言えます。

今のやり方を無理に変える必要はありません。

無理に負荷をかけてストレスが溜まり、
心が折れてダイエットを断念してしまうことになるくらいだったら

今は体重が増えなければOK!くらいの気持ちで
マイペースに過ごしていきましょう。

停滞期を乗り越えるとウソみたいに体重が落ち始めることも

これは完全に僕の経験上の話です。
それも停滞期に入る前と比べ、一気に減少ペースが上がりました。
それまでの1か月はホントに苦行でしたけどね(笑)

もちろんダイエット方法は何も変えていません。
完全に現状維持で取り組んでいました。

全員がこの例に当てはまるわけではないかもしれませんが
停滞期を乗り切ると、大小の違いはあれど
体重が減少する方向に向かうはず。


じれったい気持ちもあるかもしれませんが、停滞期が終わるのを焦らず待ちましょう。
この時期にやるべきは、無理にあれこれ動くより、じっと待つことです。

『何もせず待つ』というのは言うほど簡単ではないのも確かですけどね(笑)

ダイエットで訪れる停滞期がつらい!どう過ごすべき?あとがき

停滞期は体の正常な防衛反応で、ダイエットしていれば通る道。
そして、いつかは終わるものです。

気持ちが焦ってしまいがちな時期ですが、
無理に頑張りすぎたり、気にし過ぎないようにしたいですね。


ただ、食べないダイエット等、体に負担の大きい方法で減量している場合は要注意!

栄養不足で体に疲労やダメージが溜まってしまう前に
新しいダイエット方法に切り替えてみることも考えてみてください。
健康が一番大切ですからね。

それでは!

ダイエット
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました