腰を痛めやすい人が座る椅子ってどんなもの?

日々デスクワーク、とりわけパソコンなどで事務作業をする人にとって、快適さを求めるためには何が必要でしょうか?

 

 高性能なパソコンを使う?

 便利な事務グッズを使う?

 机の上をきれいにする?

 

もちろんどれも間違ってはいないのですが、多くの人が見落としがちなことがあります。

それは椅子です。それも、座り方です。

 

みんな机や椅子の高さなどに気を配り、いいものを選ぼうとします。でも、どんなにいいものを選んだとしても座り方が悪ければ意味がありません。むしろ腰痛を悪化させてしまいます。

 

ハッキリ言ってしまえば、腰を痛めやすい人の共通点は「椅子に対し浅く座る人」です。逆に腰の悩みのない人は、椅子に対して深く腰掛けます。

 

ではなぜ、浅く座ると腰を痛めやすいのでしょうか?

ちょっと今意識して試してみてください。

 

浅く腰掛けて、背もたれに背中を預けてみてください。骨盤が完全に寝てしまっていませんか?

 

「骨盤が寝て、腰の下あたりが椅子に接地し、腰が曲がって背中が背もたれにつく」

ざっくりこんな状態じゃないでしょうか?

 

骨盤は立てて座るのがいいとよく言われます。

 

これは骨盤を立てることで、しっかり座骨で座ることができるからです。

その分、状態も安定し、背骨も自然にまっすぐ保ちやすくなります。

 

逆に骨盤が寝ている場合、身体が不自然にバランスを取ろうとして腰が前に対して曲がります。

 

つまり、座っている間、ずっと腰にストレスをかけている状態です。

これが座っていると腰が痛くなる原因ですね。

しかも状態もバランスを取ろうと前傾するので、巻き肩や猫背を誘発し、肩こりや首凝りが生まれ、頭痛や全身の不調を引き起こしてしまいます。

 

「椅子に腰掛けるを浅くするか?深くするか?」

たったそれだけで全く体の負担が変わってくるんです。

 

なので、どんな椅子を選ぶかはハッキリ言ってそこまで重要ではありません。

 

強いて言えば、座面が大きかったりなど、ふんぞり返るような座り方をする椅子は避けたほうがいいです。正しい座り方ができるのなら、まだ背もたれすらないパイプ椅子のほうがマシとすら思います。

 

今あなたがどんな椅子を使っているとしても、一度座り方を見直してみてはいかがでしょうか?すぐに違いを感じられると思うので、今すぐ取り組んでみてくださいね。

 

1つ骨盤を立てるコツがあるとすれば、深く腰掛ける際、太もも裏あたりを座面につけて座るイメージでやってみましょう。

慣れてくると、もうソファーに座りたいと思わなくなるかもしれません。

 

座り方をマスターしたうえで、自分にとって理想の椅子を探してみてください。

 

それでは今回はこの辺で!

体のメンテ
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました