両脚の長さが違うと感じたら確かめてほしいこと

ふと両脚を伸ばして座った時

「あれ?足の長さが違う」

と感じたことはありませんか?

まさか骨が曲がった?と思うかもしれませんが、相当の重症や例外的なことでもない限り、骨盤をはじめとした体の歪みが原因であることがほとんどです。

片足一方だけに重心を預けるような立ち方をしていたり、座るときにどちらか一方だけのお尻に重心を預けているなど、大抵は体の使い方に問題があります。

例えば骨盤が左側に沈むように傾けば、自分なりに自然に足を延ばすと左側の足が長くなりますよね?

それから、脚を伸ばした時、左右一方だけやや外寄りに旋回していたりするケースもあります。

分かりやすい確認方法としては、自然にその場に立ってみてください。

左右の足のつま先の開き方は同じですか?

もし、どちらかだけ大きく開いていたり、逆に閉まりすぎているなら、それは骨盤および脚の付け根の歪みである可能性があります。

でもそれは骨がゆがんでいるわけではなく、その姿勢を筋肉が覚えてしまっているだけです。

最初は違和感があるかもしれませんが、気づいたときだけでもいいので、意識して姿勢を正してみてください。

意識した分だけ早く歪みが修正され、楽になっていくと思いますよ。

具体的な矯正方法は色々ありますが、今回だけで全て紹介するのは難しいので、要望があれば記事にしてみたいと思います。

それでは。

体のメンテ
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました