ダイエットで朝食を置き換えるなら!15kg減量した僕がおススメするやり方はコレ!

朝ごはんを置き換えてのダイエットを考えていますが、何を食べるのがおススメですか?お腹も空くと思うのですが、やっぱり我慢するしかありませんか?


そんなお悩みに、僕の経験からお答えします。

朝食を置き換えてのダイエット。おススメのやり方は?

置き換えはダイエットの中でもメジャーな方法の1つですよね。

僕自身、朝の置き換えをメインに15kgの減量に成功しました。

今回はその体験をもとに、ダイエット開始~終盤までの大きな流れや、おススメのやり方をお伝えしていきます。

ダイエット序盤

置き換えの目的はカロリーのカットですが、栄養までカットしてはいけません。そこで僕は青汁を使うことにしました。

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

新品価格
¥896から
(2020/10/8 13:07時点)

テレビCMでもお馴染みの大麦若葉。
水に溶かしても飲めないことはないのですが、お世辞にも美味しいとは言えないので、牛乳で飲むことにしました。

ダイエットを決意した次の日からの朝食は下の通りです。

【ダイエット前】ご飯+おかず(卵やウインナー、鮭など)+サラダ
  ↓
【ダイエット初日~序盤】青汁のみ


初日から思い切ってバッサリ行きましたが

最初の1週間くらいはやっぱり午前中の空腹がつらかったです。
でも、その後は慣れてきました。

ダイエット中盤

ダイエット開始から約2ヶ月ほどで、体重は70kg⇒63kgに。
この頃から朝食を以下の内容に変更しました。

【ダイエット序盤】青汁のみ
  ↓
【ダイエット中盤】青汁+サラダ+おかず


朝食を青汁だけしたことで順調に減量できましたが
このままダイエットが成功しても、その後いきなり以前の食事に戻したら、間違いなくリバウンドが待っています。

それを避けるためにも、食べる量を徐々に増やして体を慣らしていくことにしました。

ダイエット終盤~終わりまで

体重60kgくらいになった頃に1ヶ月ほど停滞期があり
モチベーション維持が難しかったですが、約4ヶ月ほどかけて63kg⇒55kgになりました。

※停滞期の過ごし方についてはこちらの記事も参考にしてみてください。⇒ ダイエットで訪れる停滞期がつらい!どう過ごすべき?【1か月以上の停滞期を経験した僕が解説】


この時点で、朝食を以下に変更しました。

【ダイエット中盤】青汁+サラダ+おかず
  ↓
【ダイエット終盤】青汁+サラダ+おかず+ご飯(2,3口)


ご飯は微量(2,3口くらい)からスタートして、徐々に増やしていきます。

毎日同じ時間に体重測定して、増加傾向になっていないことを確認しつつ、少しずつご飯の量を戻していきました。

ご飯の量が茶碗1杯分くらいにもどったら、
青汁を飲むのをやめ、ダイエットは終了となりました。

補足

ダイエット序盤、僕の場合はいきなり青汁のみにしましたが
空腹に耐えられないケースが出てきます。

その場合は、いきなり無理に青汁だけにせず、
徐々に食べる量をカットしていきましょう。

下のモデルプランを参考にしてみてください。
減量ペースは多少落ちますが、挫折するよりもはるかに良いはずです。

モデルプラン

 【ステップ1】ご飯(2,3口)+おかず+サラダ(+青汁)
    ↓
 【ステップ2】おかず+サラダ+青汁
    ↓
 【ステップ3】青汁+おかずorサラダ
    ↓
 【ステップ4】青汁のみ
    ↓
 以降は僕と同じ流れ

朝食を置き換えてのダイエット。おススメのやり方は?あとがき

ざっと流れを書いてきましたが、参考になりましたでしょうか?


置き換えダイエットに限らず
食べる量はいきなり増減させると体に負担がかかります。


早く減量したくて焦る気持ちもわかりますが
我慢しすぎないことが大切ですので、つらいと感じたら無理せずペースを落としましょう。

そうすることで、ストレスが溜まりにくくなるだけでなく、リバウンドもしにくくなるので、ぜひ気を付けてみてください。

それでは。

ダイエット
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました