ジョギングやウォーキング(有酸素運動)と筋トレ、ダイエットでやるならどっち?

ダイエット中です。過度な食事制限は自分にはきついので、何か運動をしようと思っています。例えばウォーキングやジョギングなどの運動と筋トレ、どちらに力を入れたらいいでしょうか?


そんなお悩みにお答えします。

ダイエットでやるならジョギングなどの有酸素運動?筋トレ?どっち?

運動することは、食事の管理と並んでダイエットにおいて大切ですよね。

ただ一言で運動と言っても、ウォーキングやジョギング、ランニングなどの有酸素運動や筋トレなどの無酸素運動があります。

一体どのように運動を、ダイエットに取り入れていけばいいのでしょうか?

有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)は役割が違う

有酸素運動とは?

主にウォーキングやジョギングなど、比較的負荷の小さい運動です。

エネルギーに酸素を利用し、脂肪を燃料として動くことになりますが、短期間の運動で消費できるエネルギーは少ないという面があります。

脂肪を燃焼させるには長時間動き続ける必要があり、運動を始めてから脂肪燃焼が始まる時間の目安は20分と言われています。

無酸素運動とは?

筋トレや短距離走など、瞬発力が必要となる運動です。
持久力はないですが、大きな力を出すことができます。

無酸素運動は、糖が燃料となっていて筋肉を増やすため、基礎代謝アップにつながります。

『有酸素運動は直接的に脂肪を燃焼させ、
無酸素運動は筋肉量を増やすことによって基礎代謝をアップする』

というイメージですね。


基礎代謝を上げることで、有酸素運動時の燃焼力も上げられるため、自分自身でも余りに筋肉が少ないと感じているなら、最初は筋力アップするのがおススメです。


自分の体を今一度見つめ直し、
目的にあった運動から始めてみてください。

同時に両方取り組む場合は、どちらを先にやる?

同時に両方の運動をやりたいと思ったら、
無酸素運動⇒有酸素運動の順に取り組むと効率が良いとされています。

ランニングと筋トレをやるのであれば、筋トレ⇒ランニングという順番ということですね。

最初に筋トレを行うことで、アドレナリンや成長ホルモンなどが分泌されます。これらは基礎代謝を上げたり、脂肪燃焼を促進する働きがある為、ランニングがより効果的になります。

注意点は、有酸素運動の際は、あまり負荷をかけないこと。

息か切れてしまうほどやると、かえって脂肪が燃焼しにくくなってしまうため、リラックスかつ余裕があるくらいの強度で取り組むことをおススメします。

ダイエットでやるならジョギングなどの有酸素運動?筋トレ?どっち?あとがき

有酸素運動と無酸素運動は役割こそ違いますが、ダイエットの際は共に有効なので、積極的に取り組んでいきたいところです。

一方で、運動が苦手だったり時間がなかったりして
「一度にたくさんはできないよ」という人もいるはずです。


そんな場合は、自分の体を見つめ直してみましょう。


例えばもし筋肉量に自信がないなら、軽めの筋トレから入っていくと、無理なく継続しやすくやるはずです。

ぜひ出来ることからチャレンジしていきましょう。



この記事が参考になれば幸いです。

それでは。

ダイエット
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました