体重計をダイエットの味方にする上手な使い方とは?【15kg減量に成功した僕が解説】

ダイエットに使う体重計ってどんなものでもいいの?どう使っていけばいい?使うタイミングは?


そんなお悩みに僕の経験からお答えします。

ダイエットを成功に導く、体重計の上手な使い方とは?

体重計は、ダイエットをする上で欠かせないアイテムです。

しかし実は、漠然と毎日乗っているだけだと、効果を最大限に引き出すことができません。

また「減量を目標にしているのだから、体重だけ見られればいい」と思うかもしれませんが、可能であればぜひ注目しておきたい数値もあります。

それでは、より順調にダイエットを進めるためには、どのような体重計を選び、どのように使っていけばいいのでしょうか?

体重計の選び方:アナログかデジタルか?

これはずばりデジタルを選びましょう。
アナログだと微妙な変化が見えにくいからです。

デジタルも出来れば50g刻みのものが理想ですが、
100刻みくらいでも十分やれますよ。

僕の持っている体重計も100g刻みのものでしたので。

体重計の選び方:どんな数字(項目)を見られるのが良いか?

ダイエットをしていると
 『体重が減ったのに、体脂肪率が上がっている』
といったように、他の数字が悪化するケースが出てきます。

そんな状況になるべく早く気づけるようにするためにも
体重以外の数字も見られる体重計がおススメです。

項目としては、最低でも体脂肪率ですね。
それに加え、骨筋肉量や内臓脂肪レベルといった項目があれば便利です。

参考までに僕の使っていた体重計は

  • 体脂肪率
  • 内臓脂肪レベル
  • 骨筋肉率
  • BMI
  • 体内年齢
  • 基礎代謝

を見ることができました。

このおかげで、『体重の減量は停滞しているが。他の数字が改善している』といったような時期もあり、モチベーションに繋がりましたよ。

【参考】僕の使っていた体重計『オムロンHBF-202』

OMRON オムロン体重体組成計 HBF-202-T ダークブラウン

中古価格
¥5,100から
(2020/10/19 13:54時点)

どのタイミングでどのように使う?

体重計に乗るのは、毎日なるべく同じ時間にしましょう。

例えば、起床時、帰宅時、就寝前などです。
同じタイミングで計測することによって、昨日までとの比較がしやすくなります。

それ以外においても個人的に、「食べ過ぎたな~」とか「今日は大丈夫だろう」という漠然とした不安や油断を抑制する意味でも有効でしたよ。

体重は日々増減するものですが、「何をしたらどうなった?」という経験値も日々増えていきます。

そうすることで、自分にとってのNG行動や「太ると思ってたけど、問題なかった」というものも見えてくるようになりました。

このように、測定タイミング(回数)が多いほど、ダイエットへの意識が高まっていった経験がありますので、取り入れてみてはいかがでしょうか?


自分の体について意外な発見ができるかもしれませんよ。

ダイエットを成功に導く、体重計の上手な使い方とは?あとがき

いかがでしたでしょうか?

体重計は使い方次第で、ダイエット成功へのヒントも沢山見つけられます。

またそれ以外にも、つらい停滞期などのモチベーションを維持できることも。
日々、体重以外の数字にも注目しておくことで、ダイエットが楽しく続けられるようになりますよ。


もし今まで漠然と体重計に乗っていることが多かったのであれば、ぜひ一度タイミングや使い方を見直してみると良いですね。

この記事が参考になれば幸いです。


それでは。

ダイエット
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました