痩せにくい体質の人向け!ダイエットの取り組む際の心構え3つ

昔から体に贅肉が付きやすく、痩せにくい体質です。最近、体形が気になってきたのでダイエットを考えているのですが、何かいい方法はありますか?


そんなお悩みにお答えします。

痩せにくい体質の人がダイエットするときに心がけることとは?

体質というのは目に見えにくいもので、体重計などの数字でも表れにくいですが、『痩せやすいor痩せにくい』といったような違いって確実にありますよね。

その中でも、痩せにくい体質は、筋肉が少なくて代謝が悪いのが原因ともいわれます。

体質改善のヒントとしては、それも間違っていないとは思う一方で・・・『特段運動しているわけでもない人が、痩せの大食いである』なんてケース見かけませんか?

正直、納得いかない気分になりますよね。でも、個人的には体質って理屈だけでは語れない部分もあると思っています。

とはいえ、基本的にダイエットでやるべきことは、食べた以上に動く(消費する)こと。これはみんな一緒です。


なので、痩せにくい体質の人がダイエットをする時は、体質を改善していく取り組みを行っていくことも大切なのですが、同時に自分の体質を踏まえながら、基本通り食事や運動のメニューを見直していくことが大切です。

ではその際、どんなことに気を付けていけばいいのでしょうか?

自分の体重増減の境界線を知る

ダイエットをする上で大切なことの1つは、体重が増えるような行動をなるべく抑えるということ。増えさえしなければ、あとは減るかキープしかありませんよね。


そしてキープさえできれば、あとは日々の積み重ねで減少方向に持っていくことができます。


このように今の体重キープのラインを知ることは、ダイエットをする上で役に立ちます。何をどのくらいやれば、今の体重をキープできるのかを知りましょう。

「1日の食事量はどのくらい?」「運動量は?」といったように、自分の今の行動内容を振り返り、何をどのくらいやれば今の体重をキープできるのかを見つけてみてください。

もし現状、運動も何もしていなくて満足いくまで食べているのに、特に体重も増減していないのであれば、スタート時としてはある意味、最高の状態ですね。

時間はかかるものと心得え、出来ることを少しずつ積み重ねる

痩せにくい体質である以上、短期で劇的な減量はできないことを前提にしておきましょう。

時間をかけて丁寧に減量をしていくことが大切です。

自分の体質や時間がかかることを受け入れられるだけでも、ダイエット成功率はグンとあげられますよ。

あとは、上にも書いた体重キープできるラインから、少しずつ出来ることを上乗せしていきましょう。

例えば

  • 食事量10%カット
     例:白米の量 300g ⇒ 270g
  • 運動量(時間)10%アップ
     例:腹筋 20回 ⇒ 22回

こんな感じですね。

ちりも積もれば山となる、なので5%カットorアップでもいいんです。


『カロリー摂取量を増やすか消費量を減らす』という取り組みを、1日あたりわずかで良いので、継続していくことが大切です。

時間はもちろんかかりますが、無理をして挫折するよりはいいはずですので、ぜひ試してみてください。

一喜一憂しないこと

ダイエット中は毎日体重計に乗ると思います。

体重が増えた時はみんな意識をする一方で、減ったときは気が緩みがちになりますが、一喜一憂せずペースを乱さないようにしましょう。

1日ごとの数字に惑わされず、1か月単位でどうなったか?という見方をすることが大切です。

この見方ができれば、月に1回くらい褒美デーを作るのもアリです。


ご褒美デーの翌日は体重が増えているかもしれません。それでも、これまで減らした分を相殺さえしなければいいんです。

例えばこれまで頑張って1kg減らしたのであれば、0.5kg程度の増加で抑えられるようにします。


長い目でみて、体重がマイナスになっていれば良いくらいの気持ちでやりましょう。

1歩進んで2歩下がるのはNGですが、2歩進んで1歩下がるのはOKというわけです。これなら結果として、徐々にでも前進出来ているわけですからね。

ぜひどっしりと構えて、ダイエットに取り組んでいってください。

痩せにくい体質の人がダイエットするときに心がけることとは?あとがき

いかがでしたでしょうか?

痩せやすい体質の人と比べればどうしても時間はかかってしまうかもしれませんが、『カロリー摂取を減らし、消費を増やす』というダイエットの基本は同じです。

ぜひ気楽かつ気長にダイエットに取り組んでみてくださいね。

この記事が参考になれば幸いです。

それでは。

ダイエット
半年間で15kgの減量に成功!体のメンテナンスを趣味にしているセイのブログ【SeiBlog】
タイトルとURLをコピーしました